ソーラーパネルの種類。

太陽光発電は太陽の光を電気エネルギーに変換する装置です。
そのサーラーパネルの材質には多結晶シリコンや単結晶シリコン、
それにシリコンを使っていないパネルなど各種の材質がありその特徴は違ってきます。
その特徴を自身で確認して安心できるソーラーパネルを設置しましょう。
単結晶シリコンと多結晶シリコンのどちらがいいかと言えば単結晶シリコンは熱に弱い性質があります。
日照時間が多くて平均気温が高い地域ではお勧めできません。
温度が上がると日の光は強くてもとたんに発電量が下がってきます。
この多結晶シリコンは平均気温が低い関東以北の地域がいいといえます。
単結晶シリコンはその熱の影響を多結晶シリコンより受けにくくほとんどの地域で設置が可能です。
また、
シリコンを使わないソーラーパネルもあります。
全体が真っ黒で太陽の光の波長を選ばないのでシリコンパネルが発電しない夕方の光にも反応して発電します。
また、
設置した初期よりもそれ以降に発電量が増すという特性を持っています。
日照時間や平均気温やパネルの特性などを考えて選びましょう。