目的で選ぶ太陽光発電のパネル。

太陽光発電は光を電気エネルギーに変えるため二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーとして周知されています。
それに福島の原発事故以降再生可能なエネルギーとして認知されています。
太陽光発電のいいところは自宅で発電できることです。
そして発電量が余ったら電力会社に売電できるメリットもあります。
しかしながら太陽光発電の欠点は太陽の光がないと発電できないという点で夜に発電はできません。
また蓄電もできないのです。
そのような事から太陽光発電のパネルはどのようなパネルを選んだらよいか迷うところです。
それぞれ特徴があって、
初期投資が安いパネル
さまざまな屋根に対応できるという点がメリットで初期費用を極力抑えたものです。
発電効率がいいパネル、
小スペースでの発電効率に優れたもので小さくても発電量は大きいというような特徴を持っています。
そして実発電量に優れたパネルなど選択肢はかなりあります。
目的に応じてパネルメーカーを選ぶことができます。