太陽光発電を導入してから

太陽光発電を導入して良かったと思う点は、やはり電気の使用量を気にするようになったことでしょう。
それまでも一応気にしていましたが、今月は少し高いな、来月は気をつけよう、といった感じで終わっていたのです。
なので毎月使用量に関して、強い関心を持っていたわけではありません。
しかし太陽光発電を導入してからは、リアルタイムで消費電量の量がわかるので、節電に対する意識が高まってきました。
やはりその都度その都度わかった方が、やる気が出てきます。
今節約している結果が、毎月まとめて1回しかわかるチャンスが無いなんて、何が節約に役立っていたのか分かりません。
しかし太陽光発電のようにリアルタイムで分かれば、どんなことが節電につながっているのか、どの家電を使うと消費電力が高くなるのかなど、すぐに分かります。
家族の節電意識が高まったのも良かった点です。
それまで節電に興味を持っていなかった子どもたちも、率先して節約を楽しんでいます。
また自然に対して感謝できるようになったことも、導入してから良い方向へと変わった点でしょう。
我が家が暮らしている地域は、ありがたいことに天気の良い日が多く、発電には最適な場所です。
太陽光発電をすすめられた時も、業者の方にこんなに発電に最適な地域はありません、と言われたくらいです。
それくらい、高い発電力が期待できる地域で、実際に発電していても沢山発電できているのが分かります。
朝起きてカーテンを開けるととても天気が良いのに、起きてからつけるテレビやポットなどは電力会社から購入しているなんて、何だかとてももったいないような気がしました。
なので今は自宅で発電して、その電気を使えているということが、かなり嬉しいです。
自然を利用して生活する、今のところは何の問題もなく、不満もありません。
導入しないと不安は解消されないかもしれませんが、一人でも多くの方が太陽光発電の良さを知って、利用してくれたら嬉しいです。