今が買い時?

太陽光発電システムをいつかは導入したい・・と思っている方は多いのではないでしょうか。
太陽光発電システムの普及率が上がるにつれ、システム自体の価格は下がってきています。
いつ購入するのが良いのか、と言う点で悩む方も多そうです。

さて、太陽光発電の買い時はいつなのか、ということですが、実は「今」が最大の買い時だといわれています。
現在、太陽光発電システムについては、その普及のため、さまざまな制度が実施されています。
国や県、市町村から受け取ることができる補助金も、そのひとつです。
どこに住んでいるのか、またどれくらいのシステムを導入予定なのかによって、もらえる補助金にも大きな差が出てしまいますが、多くもらえる人の場合、100万円近くを受け取れるといったケースもあるのです。
しかし、この補助金についても、普及率が上がるにつれ、縮小傾向にあります。
「システムの価格が下がってきたから」といった理由で、補助金制度を終了させる自治体も出てきています。
今後もこの流れは進んでいくものと思われます。
「補助金が、まだもらえる今」が、買い時であるという理由のひとつです。

また、余剰電力の固定買い取り制度についても、非常に高額な価格設定がされている今が買い時です。
この高額な価格設定も、システム普及のために行われているものですが、今後は大幅な下落が見込まれているものです。
「今設定されている価格」が10年間固定される、という制度になりますので、10年で比べるとその価格差は無視できるものではないでしょう。

さらに、今後消費税の増税が見込まれています。
太陽光発電システムは、住宅ほどではありませんが、車と変わらないほどの高額商品です。
もちろんその設置にも消費税はかかるので、数%上がっただけでも、その支払い金額の差は大きく変わってきてしまいます。

このような点を検討すると、太陽光発電システムの買い時は「今」と言えるでしょう。
気になっているのなら、ぜひ一度具体的な検討をしてみるのも良いかと思います。