太陽光発電のデメリット

先ほどの項では、太陽光発電システムを家庭へ導入する場合のメリットについて紹介しました。
実に多くのメリットがあります。
が、もちろんメリットだけではありません。
本格的に導入を検討する場合には、デメリットについてもきちんと考慮しておきましょう。

太陽光発電システムを家庭へ導入する際の、最大のデメリットと言ってもいいものが、初期費用の高さです。
屋根に太陽光パネルを設置しなければいけませんし、発電した電力を各所へ送るシステムも必要となります。
初期費用がどれくらいのなるのかは、設置するシステムのメーカーによっても異なりますし、またどれくらいの容量を希望するのかによっても異なってきます。
が、一般的な目安としては、200万円前後と言われることも多いようです。
もちろんその後の売電収入で、初期費用を回収していくことが可能だとしても、最初に高額な費用がかかってしまうというのは、デメリットと言えるのではないでしょうか。

その他のデメリットとして挙げられるのは、「どれくらいの発電量が見込めるのか」ということが、各家庭の状況で大きく変わってくる、と言う点です。
太陽光発電システムを導入する際に、多くの方は売電収入をひとつの目的としていることが多いでしょう。
が、実際に設置してみると、思ったよりも発電量が少なかった・・ということもあるようです。
まずは、自分の家の状況で、どれくらいの発電量が見込めるのか。
また、太陽光発電に適している立地条件なのかどうかを、きちんとチェックする必要があります。
太陽光発電システムを販売・施工している会社などで、そうしたシミュレーションを行ってくれることも多いので、そうした情報を参考にして検討するのがおすすめです。

太陽光発電システムは、これからの時代に欠かせないシステムのひとつとなっていくでしょうし、総合的に考え、「デメリットもあるが、メリットも非常に大きいもの」だと考えられています。
自分の家の状況をしっかりと把握し、デメリットについてもしっかりと検討し、自分の場合に合った太陽光発電システムを導入するのが良いでしょう。