売電とは?

先ほども挙げましたが、太陽光発電システムを家庭に導入し、使用電力以上の発電量を得ることができたら、電力会社に売ることができます。
これが「売電」と言われるものです。
太陽光発電システムを導入することで、光熱費が減ったという話はよく聞きます。
発電した電気をそのまま使うことで、電気代を減らせるほか、発電していないときに、電力会社から買った分の電気代よりも、売電による収入のほうが多くなる、ということもあり得るのです。

太陽光発電システムは高価なシステムとなりますが、この売電収入で、初期費用を回収していくということも可能になります。
そのためには、自宅の状況でどれくらいの売電が期待できるのかを、きちんと把握しておく必要があります。
太陽光発電システムを販売している会社の中には、自宅の状況から売電収入についてもシミュレートし、どれくらいの期間で元が取れそうか、といったデータを提示してくれるところもあるので、参考にしてみるのも良いでしょう。
特に、昼間、共働きで家にいない、使用電力が非常に少ないといった場合には、売電収入も多くなる傾向にあります。

現在は、この売電に関して、利用者に非常に有利な制度がスタートしています。
それが、非常に高価な価格での電力買い取りを10年間固定する、というものです。
現在は、電力会社が供給している電気料金よりも、太陽光発電システムでの余剰電力を売ったときの価格のほうが高いという状況になっています。
もちろん、この価格は、太陽光発電システムの普及が進み、売電される量が増えた場合には下がることになります。
が、この価格を10年間固定にし、高いままで売電することが可能となっているのです。

補助金を受け取れることもありますし、高い価格での売電が可能ということもあり、初期費用の回収を非常に早く終えることができるようになっています。
「太陽光発電システム導入について気になっているんだけど、その費用の高さがネックとなっている」という方は、ぜひ一度、売電シミュレーションを行ってみるのも良いかと思います。