太陽光発電にしてよかったと思える瞬間

太陽光発電にするには、まだまだ高額の費用が掛かります。
けれど、思い切って自宅に設置したら、よかったと思えることがたくさん見つかると思います。
たとえば、電力会社が電気料金の値上げを発表するたびに、ああ、また電気代があがるのかと憂鬱な気分になりますが、太陽光発電にしていれば気にしなくて済みます。
晴れた日なら作った電気で過ごせばいいし、曇りや雨の日で太陽光発電の電気を使うことができない場合でも、普段は太陽光発電で発電しているのだから、少しくらい電気料金を支払って使う日があってもいいや、と思うことができます。
今は売電といって太陽光発電で作った電力を電力会社に売ることができるようになりましたから、売って得たお金とかかった電気料金を相殺していけばかなり残ってくると思います。
何よりも、電力会社が値上げをします、と発表しても平気で聞いていられるというのは、精神的にも大きなことだと思われます。
冬場の暖房器具は電気代がかさみますが、それを気にすることなく使うことができるのも、太陽光発電を採りいれたおかげです。
売電価格が下がってくれば、本格的に自宅で作った電力を使用すればいいのですから、自分で自由に電力の使い方を決めることができるのも、太陽光発電にしてよかったことだと思います。
電力は当たり前にあるもの、という意識が強いものですが、実際には何らかの方法で作りださなければならないものです。
そこについて考える機会を持てたということも、太陽光発電にしたことが生み出した要素と思います。
電力についてしっかりと考え、太陽光発電を単に電力値上げ対策に用いるのではなく、火力燃料による二酸化炭素の排出量を減らすことや、原子力発電による事故の心配などが軽減されることについても、関心を持つきっかけとなります。
太陽光発電にして良かったことは、電気料金の節約だけにとどまらず、もっと広範囲にいろいろ考えられることではないでしょうか。