設置で安心感ができました

2011年3月の東日本大震災の時に、原子力発電所の事故とそれに伴う停止から、
関東地方で計画停電が実施されました。
その時、電気がある毎日がすごく恵まれているのだと、
自分自身で気が付けるいいきっかけになりました。
将来的な脱原発は行政や電力会社の動向で決まるのだと思いますが、
自分の家庭としてやはり電気を電力会社だけに頼っていることが、
危険であり自分たちで自家発電する努力をするべきだと思いました。
そこで簡易の発電機を購入するか、
太陽光発電システムを設置するかで悩みましたが、
検討の結果太陽光発電システムを導入することにしました。
というのも、今住宅用の太陽光発電の設置には行政から補助金を頂けるのです。
補助金は国からだけでなく場合によっては県や市からも貰えるのです。
私もとりあえず市役所に相談の上、
補助金の対象となる条件をよく理解したうえで太陽光発電システムを設置しましたが、
結果的にかなりの額を補助してもらうことができました。
また太陽光発電を設置した理由は、将来的にはプラスになるということもありました。
それは、太陽光で得た電力は自宅の普段の生活で利用するのですが、
余った電力は電力会社が買い取ってくれるのです。
私の場合も、当たり前ですが実際に電力が売れ、そして電気代が0円ですので、
毎月の電力使用量から電力会社で購入した場合の金額を計算し、
どれくらいで元が取れそうなのかパソコンで表を作って毎月付けています。
また太陽光発電を設置する際には、
大きな地震の際にも壊れないよう最新の設備を導入しました。
未だ日本全国で地震が頻発していますが、地震自体は怖いのですが、
なにより太陽光発電を設置したことで安心感が生まれました。
もちろん、住宅自体の耐震を見直したこともありますが、
万が一の際にも最悪の状態にならないようにしたことは
精神的にかなり安心感があります。
初期費用は確かにかかりましたが、結果的には太陽光発電を設置してよかったと思っています。