穏やかな気候の松山市で、太陽光発電

普通に考えて、雨が少ないとお日様の光を多く受けられるので、それだけで太陽光発電にとって、有利であることが分かりますよね。
ただ、年間平均の雨が少なくても、局地的に降ることがあるとなると、雷が怖いですよね。
作り出したエネルギーを電気に変換して利用するシステムなので、雷における被害が、余りよくないことは明確ですからね。
それと、寒暖の差も激しくないほうがいいですし、いくら平均的に晴れた日が多くても、まとまった雪が降る場合、積もった雪がソーラーパネルからまとまって地面に落ちる可能性があり、それが人の上だったり、車の上だったら一大事ですので、スペースにしておく必要があるなども問題も出てきます。
これらの問題が非常に少なく、穏やかな気候と長い日照時間の中で太陽光発電を設置できるのが、松山市です。
平均気温も高く、それでいて最高気温が都市部や関東のように急激に上がる事も無く、雨が少ないと着ているのですからこれほど最高の環境はなかなか無いですよね。
さらに、自治体レベルからも補助金が出ますし、まさに至れり尽くせりです。
もちろん、松山市は太陽光発電云々とはまったく関係なく、かなり暮らしやすい場所であるといえますので、関西などから移住を考える人もいることでしょう。
そうやって、家を購入した場合、太陽光発電がついている物件を選んだり、購入後、設置するなどしてエコで省エネな暮らしをスタートさせるというのも、非常に人生を有意義なものにしてくれるのではないでしょうか。