太陽光発電導入について

経済や工業の発展に伴って、汚水の排出や二酸化炭素の排出により地球環境の汚染や温暖化が問題となっています。
そこで、国や自治体では、温室効果ガスの排出量の削減を目指して様々な政策を取っています。
温室効果ガスの削減例として代表的なものが、太陽光発電です。
太陽光発電は、建物の屋上や、敷地などの場所に太陽光発電モジュールを設置して、そこに太陽の光を当てることで、太陽熱を電力に変えることができます。
この発電方法だと、石油や石炭などの天然資源を利用せずに済み、また発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないため、地球環境に優しく、さらに地球の温暖化防止に寄与します。
さらに、電力を電力会社に売却することもできます。
そこで、この太陽光発電システムを個人の住宅や企業施設などに設置できれば良いのですが、その設置には多額の費用がかかってしまいます。
そこで、国や自治体では補助制度を設けることでその設置費用の負担軽減を図り、システム設置を促進しています。
松山市でも、新たに住宅用太陽光発電システムを設置する家庭に対して、申請を受けることで補助金を支払っています。
この補助金制度を利用して太陽光発電システムを設置した家庭は、多くあり、住民の太陽光発電システムへの関心の高さがうかがえます。
松山市では、日照時間が長いことから、太陽光発電による発電量も多くを期待できます。
そのため、今後、松山市内での太陽光発電システムの普及がますます要請されます。